萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
<< 軽食メニュー改定。ちょっと一息。 | main | 長州どりから揚げ。 >>
恐怖の大事件(2)
 みなさんこんにちは。エキチョーです。

以前、当ブログが私の操作ミスで、全消去された後
再開した直後のカテゴリーに恐怖の大事件(1)を掲載しました。
(過去ログ参照)

そして、長〜〜〜〜い時間を経て、今回(2)です。
題して「ソフトクリームできません事件」です。

先ずは、この写真をご覧ください。

▲壁際に、なんだかカッコ悪く露出した水道管。

昨年10月オープン直前、正直私、人生最高の「激務」の真っただ中でした。

事業計画、敷地内の建物レイアウト、テナントミックス、スタッフミックス
電機やレジ、電話などの通信機器の選定配置、什器、冷蔵陳列ケースの決定
メニュー開発、売り場レイアウト、商品業者の新規開拓、取引条件の交渉。
また、農産物直売所の生産者開拓など、挙げればきりがありません。

そして、10月に入り、13日のオープンに向けて、一機に忙しさがピークになります。

そんな10月上旬のある日、軽食コーナーのソフトクリームを作る機械の納品がありました。

▲現在の軽食コーナーのソフトクリーム機械2基。

向かって左が、最新式の機械です。
値段は、コンパクトカーの新車が買えるほど高級品です。

そして、並んで右側が、10数年前の名機(もちろん現役)です。

ソフトクリームの製造機械(ソフトクリームフリーザーという:以下SF)は
大きく分けて、空冷式と、水冷式があります。

空冷式は、場所を選ばず、イベント時などには、屋外で使用できます。

一方、水冷式は、水道管がないと使えません。
しかし、空冷式より、はるかに製造能力が高いのが特徴です。

通常、施設屋内で使用する場合は、水冷式が一般です。
私も、SF大手メーカー、日世さんの水冷式(ダブル)を選択し、発注しました。

そして、SF納品当日、日世さんと、代理店の担当者の方が
予定のレイアウト通り、重いSFを搬入されました。

テストラン直前に、大事件発生です。

水道がありません・・・・・・・・・・・・・・・・・。

代理店の方が、血相を変えて、私のところへやってきました。

でも、私は、いたって冷静でした。

なぜかというと、当時は、もっと大きな事件が多発し、肝がすわっていました。
とゆーか、麻痺していました。

速攻で設備工事の担当者に連絡、協議し、ものの数時間で、水道管を新設。
本来なら、地下配管で、すっきり見栄えも良かったのですが
最初の写真のように、露出になったわけです。

工事がスピーディーだったわけは、設計段階から「水冷式」のSF2基を
予定の場所に設置する(もちろん水道管も)旨を、設計士に伝達済みで
こちらには、強味があったわけです。

今から思うと、冷や汗もので、工事業者の方にも、感謝します。

そして・・・・・・。

▲きらら牛乳ソフト「ハニートップ(萩産蜂蜜がけ)スペシャル。350円


▲プレミアム夏みかんソフト「チョコがけスペシャル」。350円

こういった、プレミアムソフトを「何事もなかったように」提供し
お客様に、好評をいただいています。

めでたし。めでたし。でした。

オマケ:例のゲートの雪

▲今朝、9時。

それが

▲午後5時。

あと、もう少しで、無くなります。

てゆーか、まだ雪あるの?と
萩の方も、びっくりされています。


| 恐怖の大事件 | 17:19 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE