萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
<< 2013年。あけましておめでとうございます。 | main | 2013年。年賀状大賞。 >>
新春。初笑い。
 みなさん、こんにちは。エキチョーです。

今回は「エキチョーのすべらない話し」。

おなじみの「問題のMさんネタ」で
2013年も、みなさんのご機嫌を伺います。

●「きゃりーぱみゅぱみゅ」事件。
問題のMさんは、ご存じの通り、滑舌が悪い。
元日、云えないのは承知のうえで
「きゃりーぱみゅぱみゅ」って、云える?とリクエストしてみた。
基本的に良い人である問題のMさんは、早速チャレンジしてくれた。
M:「かえー、かんぱま」
??????????
「ぱみゅぱみゅ」が云えないのは想定内だったが
まさか、「きゃりー」の部分が「かえー」になるのは想定外だった。

●「Mさんは、寒がり」事件
1/2(水)今朝。
事務所のゴミ箱を開けると、こんな物が入っていた。
DSC_1105.JPG
▲「貼らないカイロ」レギュラーサイズの包装。
事務所のゴミ箱は、私とMさんしか使用しない。
パッケージからして、これもきっと、激安品だと思う。
しかも、この写真。
Mさんの真後ろで撮影している。
公表されるとは、「夢」にも思っていない。

●「あみだくじ」事件
昨年末、いただいたお歳暮などを、従業員に分配するため
「あみだくじ」を作った。
新聞の契約更新でもらった洗剤や、商品開発のため
サンプル購入したハチミツや高級ジャムなど、豪華景品。
中に、わざと「はずれ」1本と、「はずれ」同然、いや、「はずれ」以下の
たわしと、安い景品ジャンパーを仕込んだ。
くじは、私が作ったので、どこを引けば何が当たるか
私だけわかっている。
M:「この安ジャンパー当たった人、サイテーよね!」
と、はしゃぎながら、くじを引いていた。
自分が引いているとも知らずに・・・・・・・・・。

●「パソコン故障」事件
M:「最近、パソコンの調子がわるいのよ。壊れてる!」と
「新しいの買え」とばかりに、私に訴えてきた。
壊れているのは、パソコンでなく、Mさんだと思っていたが
本当にハードディスクに不具合があった。
Mさん、申し訳ない。すぐ買います。

●「オードブル」事件
昨年大晦日。
仕事帰りに、ビールを買おうと超激安スーパーに寄った。
そこの惣菜コーナーで、Mさんを発見。
当駅の制服を着たまま、オードブルを真剣に見ている。
しばらく悩んだあげく、ひとつをカゴに入れ、上から何かをかぶせた。
声をかけると、びっくりしたMさんは、急にレジ方面に向かって
スタスタと走って逃げた。
後から、売り場をみると、たぶんMさんが買ったオードブルは
4〜5人分。980円の超激安品だったと思われる。
安すぎるので、上に何かをかぶせて、値段を隠していたと思われる。
さらに、翌朝ツッコむと
M:「半額じゃなかったのよ!定価よ!定価!」と
意味不明に怒っていた。

●「社員販売」事件
上のオードブル事件と同じ日の夕刻。
当駅酒コーナーで、夏限定の日本酒が2本。
不良在庫で残っていた。
年を越すのも気分が悪いので、社員販売で処分しようと
1本は、私が買い取り。残り1本を、Mさんにお願いした。
私:「失礼かもしれないが、売価3,000円の日本酒、安くするから買ってくれない?」
M:「しょーがないわね。まあ、旦那が飲むから。で、いくら?」
私:「1,000円でいかが?」
M:「2本ともちょーだい!」と、私の分まで要求してきた。
翌日、Mさんから報告があった。
家で旦那さんに、高級日本酒よ!と出したところ
旦那:「おい。これ、売れ残りで安く買ったんじゃないのか?」と聞かれ
M:「とんでもない!定価よ!」と、小ウソをついて
M:「しかも、喜んで飲んでたわ!」と、私に「しめしめ」みたいに云ってきた。
Mさんの娘は、このブログをよく見てくれている。
もちろんMさんは、公表されることを知らない。

●「Y家の血筋」事件
Mさんの旧姓は「Y」。
以前、「Y」家のお葬式に参列した際
少なくとも、Mさんと区別がつかない「そっくりさん」が10人はいた。
昨日の元日。
Mさんの息子夫婦が、当駅に遊びに来てくれた。
色々話して、帰ったあとにわかった。
息子ではなく、甥だった。
「Y」の血筋は、濃い。

●「看板重石」事件。
当駅は、谷間の坂道に位置する上に、トンネルの出口にあるため
強風に悩まされる。
看板の足元には、かなり重い「重石」を乗せないと
倒れて危険である。
昨年、その重石が壊れたため、Mさんに新しい重石の発注をまかせた。
たまたま看板屋さんに電話しているところを聞くと
M:「女性が持つから、なるべく軽いのしてね」と注文していた。
重石の本来の目的が全く理解できていないらしい。
電話をかわり、私が注文しなおした。
DSC_1110.JPG
▲新しい、看板の重石。
一応、Mさんの体力を考慮し、比較的軽めで、2個連結使用にした。

●「Mさんは、お母さん」事件。
売り場のレイアウトと変えようと、物を動かすたびに
Mさんが雑巾をもって、とんで来る。
M:「ちょっと待って!下を拭くから!」
昔、我が家でよくあった、お母さんの光景である。
はっきり言って、作業がはかどらず、邪魔であるが
なんとも心温まる一瞬である。

問題のMさん。
きっと2013年も、大活躍してくれます。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。
| エキチョーのすべらない話 | 10:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE