萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
<< 広島ホームテレビさん。ロケ。 | main | NHKラジオ深夜便 >>
恐怖の大事件(その1)
めっきり寒くなりましたが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
エキチョーです。

今回から、新しくスタートした新カテゴリー「恐怖の大事件」。

何の問題もないような、ヘーキな顔して仕事してますが
今回の道の駅立ち上げの10か月間
それはそれは色々ありました。

そんな事件の中で、今でこそ言える 「マル秘、恐怖の大事件」。

今回は、その1。
題して「マジで、開業できませ〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!。事件」です。

はじまり、はじまり。

道の駅萩往還には、2軒のレストランと、ソフトクリームの
ブースがあります。

云うまでもありませんが、保健所の許可を受けて
初めて営業できます。

レストランの床や壁の材質、天井の構造、衛生管理など
厳しい項目を全てクリアして、初めて営業許可がおります。

このたびは、それぞれ有名店の経営で、なおかつ当方も
設計の段階から、最新の注意をはらいました。

当然、あっさり、許可がでると、皆が疑いませんでした。

ところが、10月7日、木曜日。開業8日前。
テナントのうどん店に
保健所の検査員の方がチェックにいらっしゃた時
事件がおこりました。

「水道」です。

事の発端は、うどん店の社長が、「なにか山の上にタンクがある」と
無責任な発言をしたことから、始まりました。

飲食店で使用する水道水は、水道設備から直でくる(直圧という)なら
全く問題ありません。

しかし、マンションなど、いったん水を、高いところの
貯水槽にためて、圧力をかけたものは、「水質検査」が必要です。

水質検査には、日にちがかかります。しかも、土〜月曜は三連休。
結果がでるのは、10月12日(火)の、開業前日。

それから、保健所の確認があります。絶望的。
目玉のレストラン、ソフトクリームが、全部営業できません。

しかも、もし結果に異常がでれば、さらに水質改善できるまで
全く営業できなくなります。

スクランブルで、環境計量士の方に来ていただき
即時に水質検査にかかっていただきました。

平行して、市の水道局に、確実な設備を確認したところ

担当者の答えは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「おたくの水道は、直圧ですよ。」

は?

つまり、うどん店社長のガセネタだったわけです。

血の気が引きました。安心しました。
そして、うどん店社長に、カツ丼10杯、おごってもらう
約束で、事態は収拾。

しかも、猛スピードで、検査していただいた結果は

▲下から三つ目の枠。「合格」です。

もちろん、水質に、全く問題ありませんでした。

そして、3店とも、無事オープンし、たくさんの客様に
お越しいただき、大繁盛。

めでたし、めでたし。

恐怖の大事件シリーズ(つづく)
| 恐怖の大事件 | 21:47 | comments(1) | - |
コメント
拙者が若い時分 文明開化の頃であります 横浜にて豚肉にカツレツ丼なるものを食した次第 「これはこの世で一番旨い食いもんだ!」と思うに至った それから拙者はこの料理を大日本帝国全度に広めようと西へ南へ奔走した候 遠い昔の話でござる

 


| 野武士 | 2011/02/10 2:09 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE