萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
<< 「エキチョーの手紙」。2013年10月・11月。 | main | 近ごろの「問題のMさん」。 >>
科学忍者隊「G」。
だれだ!だれだ!だれだあ〜!
空のかなたに踊る影
白〜い翼の〜

「ガッチャマン」と続いたアナタ。

さては、昭和の人ですね。

さて、毎年春と秋の2回の
ボランティア草刈シーズンがやってきました。
DSCN4442.JPG
▲戦場。

夏の間、勢力を拡大したギャラクターが
やりたい放題に地球を支配している。

人類のピンチを救ってもらおうと
毎度おなじみ正義の味方「草刈ライダー1号」に連絡した。

しかし、ライダーは「自転車をこぎすぎて、尻が痛い」と
意味フメーな言葉を残して、あっさり逃亡。

今年の春に、抜群の戦闘力で一瞬のうちに敵を倒した
草刈ライダー「アマゾン」も、交渉窓口のエージェントは
ライダー1号のため、連絡がとれない。

しかたがないので、南部博士に連絡し
今朝、科学草刈忍者隊「G」に、仕事を依頼した。

早速登場した「G」は2人。

アナログ実写版の草刈ライダーと違い
さすが「科学」だ。

ライダーとは、装備が違う。

先ずは、大鷲のケンのヘルメット。
DSCN4428.JPG

イメージカラーの白がイカシテル。

ライダーの野球帽とは、モノが違う。

装着前にちょっと盗み撮りしてみた。
DSCN4424.JPG
▲装着前の状態。

シールが貼ってあった。

「備長炭アゴヒモ」とは、サスガ科学だ。

「ヘルメットクリーナー付き」とは
やはり特殊素材の本体の防御力を高める科学の水なのか。

さらに・・・・・
DSCN4425.JPG
▲こんなシールも。

ギャラクターの砲撃や、飛翔時の墜落
さらに、電気銃に対しても防御可能の未来スペック。

そして、グローブもスゴイ。
DSCN4421.JPG
▲科学草刈忍者隊のグローブ。

こんな事が書いてある。
DSCN4422.JPG
▲「振動軽減グローブ」

上に書いてある「薄さ実現」「ソフトな〜」は
一時代前の避妊具のキャッチコピーのようだ。

やはり、ライダー達の「軍手」とは、ワケが違う。

そして、今朝駆けつけてくれた「G」は
大鷲のケンだけはなく
あの「コンドルのジョー」も。
DSCN4436.JPG
▲手前が大鷲のケン。奥がコンドルのジョーのヘルメット。

あれ?コンドルのジョーが黄色?黒じゃないの?

質問してみたところ、科学捜査本部は
現在黒のヘルメットを生産していないらしく
あとは緑色だけしか在庫がないとの事だった。

DSCN4446.JPG
▲コンドルのジョー。後姿。

マント(透明)を脱いでいる。

DSCN4448.JPG
▲コンドルのジョーの機。「ゴッドフェニックス」。

ライダーのサイクロンの最高時速500劼紡个
こちらは、なんとマッハ2だ。

サスガ、科学の粋を集めた戦闘機だけあって
音速を超えている。

いよいよ戦闘開始。
DSCN4444.JPG

空は鉛色で、これから繰り広げられる死闘が
いかに厳しいものになるかを予感させる。

午前9:00前から開戦。

そして、なんと12:00には、死闘に終止符が打たれた。

これまで、ライダー1号とアマゾンのコンビで作った
5時間の記録を、なんと2時間も短縮した世界記録。

ケンいわく、科学草刈忍法「火の鳥」を使ったそうだ。
DSCN4454.JPG
▲戦闘後の様子。

途中、コンドルのジョーは、ほとんど休憩なしで
戦いっぱなし。凄まじい戦闘力だ。

一方、リーダーの大鷲のケンは
30分毎にヘルメットをベンチにほうかり
「キツーッ!」と、休憩ばかり。
DSCN4453.JPG
▲大事なヘルメットが、ほうり投げられている。

しかも、戦闘後に、道の駅萩往還「玄」で
ハンバーグを食べるときになると
急に元気になり、旨そうに食っていた。

途中、雨やあられが降ったりと
まさに死闘を終えたガッチャマンの2人に感謝。

次回は、大鷲のケンは、呼ぶのをやめようと思う。

全く使い物にならないので。

できれば、「白鳥のジュン」に来てほしい。

美人だし。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充




 
| 日記 | 15:41 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE