萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
<< 無印良品は、やっぱスゴイ。 | main | 弁当男子。 >>
冬。旬の野菜。大特集。
みなさん、こんにちは。エキチョーです。

当駅農産物直売所に、農家さんが持ち寄る野菜をみると
「日本の四季」を感じます。

今回は、この時季おすすめの野菜を紹介します。

全品生産者は、当駅生産者のエース。

「鬼ほっぺ」で有名な八道勝江さん。

メジャーなものから、ちょっと珍しいものまで
色々アリマス。

●ブロッコリー・カリフラワー(アブラナ科)編

DSC_3969.JPG
▲カリフラワー。

選び方
,靴泙辰胴鼎い發痢
△困辰靴蟒鼎い發痢
7圓簍佞寮擇蠍が新鮮なもの。

DSC_3964.JPG
▲ロマネスコ。

カリフラワーの仲間で、味はどちらかというとブロッコリー。
それらより、さらに濃厚なコクと甘味があります。

私の好きな食べ方
.ットして蒸す。(2分くらいでバッチリ!)
▲ットして、にんにく、ベーコンとオリーブオイルで炒める。

DSC_3997.JPG
▲紅菜苔(コウサイタイ)。

春を告げる中国野菜。
日本では「花かんざし」なんてチャーミングな呼び方もあります。

食べ方は「菜の花」と同じ。

加熱すると、美しい紫は紺色〜緑色に変色します。

選び方
_屬あまり咲いていないもの。
茎が萎れていないもの。
7圓寮擇蠍が、みずみずしいもの。

DSC_4017.JPG
▲祝雷(シュクライ)。

親指ほどの大きさで、タラの芽のような感じです。

苦みが少なく、火の通りが良いので
簡単調理でおいしくいただけます。

私は、カリフラワー同様の食べ方をしますが
先日、洗って味噌汁に入れてみました。

Verry Gooooo!!!!

●葉物編

DSC_3977.JPG
▲白菜。

そう。ただの白菜です。

しかし、八道さんが作ると
同じ白菜でも「こうも違うか」と思います。

葉脈一筋一筋から、甘みを感じます。

私は一人暮らしですので、食べきるのに数日かかりますが
びくともしません。

DSC_4008.JPG
▲リーフレタス。

これ、ものすごく重宝しています。

写真の束は、直径30センチほどありますが
水菜のように、細い茎の集まりです。

フツーのレタスのように、大きな葉を
小さくちぎる必要がなく
食べたいだけとりわけ、洗って両手で
真っ二つにするだけです。

最近、手弁当にもよく入れています。

これも、八道さんのものは、とても日持ちが良く
この時季でしたら涼しいところ(私の場合空調のない階段の下)で
数日〜1週間くらいはダイジョーブ。

DSC_4068.JPG
▲レタス。

これも、フツーのレタスです。

八道さんのものは、シャキシャキの歯ごたえと
その「音」が、際立っています。

DSC_4003.JPG
▲ほうれん草。

そう。フツーのほうれん草です。

葉の色。勢い。サイコーです。

おひたしが美味しいですが、私はメンドーなので
適当な長さにカットして、豆腐と味噌汁にいれます。

DSC_4080.JPG
▲春菊。

たまに、質の悪い春菊を買うと、すぐヘナヘナになります。

そこは八道さん。鍋で使って残っても、ダイジョーブ。

今年の正月は、お雑煮にも入れて楽しみました。

DSC_3996.JPG
▲ネギ。

中ねぎは、薬味としても使えますし
具材としても使える万能選手ですね。

必需品です。

●根菜編

DSC_4032.JPG
▲あやめ雪。

カブです。

スライスしたものを塩でやさしくもみ
砂糖+酢で甘酢漬けにします。(超簡単)

そのままサラダに使うと、彩もよし。

DSC_4043.JPG
▲紅大根。

こちらも甘酢漬けがおすすめです。

DSC_4051.JPG
▲???????????

これなんだかご存じですか?

「黒大根」です。

特徴は、とにかく辛い!

カットすると・・・・・・・。
DSC_4064.JPG
▲カット面。

白いんです。

こりゃ、大根おろしですって、ワサビの代わりに刺身につける?

とゆーくらい、辛いです。

カリフラワー(1玉)230円
ロマネスコ(1玉)250円
コウサイタイ(1束)140円
祝雷(8〜10入り)380円
白菜(1玉)150円
リーフレタス(1玉)160円
レタス(1玉)160円
ホウレンソウ160円
春菊160円
ネギ160円
あやめ雪(3個)180円
紅大根(3本)180円
黒大根(2〜3本)150円

全部買っても2,460円。

セットか単品で、ネットショップ載せますか。

味は私の折り紙付きです。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充












 
| ネット・ショップ | 15:34 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE