萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
<< 萩の真ふぐ。その1。 | main | 携帯・メガネ・財布。そして領収書。 >>
萩の真ふぐ。その2。
みなさん、こんにちは。エキチョーです。

「萩の真ふぐ」は、オンボロアパートの
階段を上ってやってきた。

今から13年前。

広島で14年務めたアパレル会社を退職し
山口県北部の道の駅に就職して半年ほど経ったある日。

そのころ、職場の近くのアパートの2階に住んでいた。

隣人のくしゃみが聞こえるほど
薄いベニヤの壁の木造アパートで
部屋は、畳張りの6畳ひと間と
ビニールの床張りのキッチンだけしかなかった。

今では当時を「萩キャンプ生活時代」と呼んでいる。

そのアパートで夕方、スナックのママからもらった
ブラウン管のテレビを1人観ていると
外の階段を上る足音が聞こえた。

鉄製の階段で音が良く響くため
上ってくる人数までわかる。

2人。

アパートの住人の足音とは違う
軽やかな、どこか幸せな感じがする足音が
玄関の前で止まる。

チャイムが鳴り、ドアを開けると
人懐っこい笑顔の若者と
赤いチェックのブラウスを着た女性が笑っていた。

「よう、Y君、どうした?」

Y君は、転職したばかりの道の駅で
初めて話しかけてきてくれた若者。

13年経った現在も、親交があり
私は弟のように思っている。

隣の女性は、結婚したばかりのY子。

漁師の娘で、きれいな鼻筋の
健康的で可愛らしい女性。

「これ、とうちゃんが釣ったフグ。よかったら食べて。」

Y子が丸い発砲の皿に菊盛にされた刺身を差し出した。

「え。ありがとう。天然のトラフグ?」と聞くと
「ううん。ナメタ。美味しいよ。」と言う。

Y夫婦は、お出かけの途中だったらしく
すぐに鉄の階段を降りて帰っていった。

ラップを外し、刺身を眺める。

透明で、やや飴色がかった美しい身が
アパートの蛍光灯でキラキラ光っていた。

一緒につけてくれた薬味をつけて
食べてみる。

しっかりした歯ごたえと
ひと噛み、ふた噛みめあたりから
旨みがにじみ出る。

高級魚の味。

「美味しい。」と唸った。



さて、ここまでが「萩の真ふぐ物語」のプロローグ。

Y子がご馳走してくれた「ナメタ」とは
真ふぐ(標準和名:マフグ)の事。

トラフグやサバフグ類は、体表に石灰質の棘を有するが
マフグは棘が無く、滑らか。

滑らかが訛って、萩では「ナメタ(ラ)」と呼ぶ。

それから、マフグの事を徹底的に調べた。

大学で魚類学の触りは勉強していた。

ライフワークとして、釣りを嗜んでいたため
船にも強い。

マフグに関しての論文を徹底的に集めたり
ありとあらゆる民族学的なフグの本を読んだ。

「とうちゃん」にお願いして、何度もふぐはえ縄漁に
同行取材した。

当時マフグは、高品質なフグで大量に水揚げがあったにも関わらず
そのほとんどが韓国をはじめ、国外に輸出されていた。

国内で刺身として流通することは
先ず無かった。

現在では、山口県内の新幹線の駅や空港で
普通に真ふぐの刺身を売っている。

ブランド化するには、骨を折った。

下関南風泊市場の松村社長
下関の大手フグ加工会社の伊藤社長
長崎大学水産学部の荒川教授

萩市以外の有力者の皆様にもたいへんお世話になった。

また、当時NHK山口放送局の新人アナウンサーや
中堅ディレクターが、テレビやラジオの番組を作ってくれた。

萩の地元でも、たくさんの方々にご協力いただいた。

数えきれないほど楽しい思い出がある。

同時に萩の地元で、嘲笑を受け、足も引っ張られた。

田舎でよくある、つらい思いも多々あった。

そんな中、絶対的な心の支えになってくれたのが
ふぐはえ縄漁師の「とうちゃん」。

Y子の父親。

山本光男.JPG
▲操業中のとうちゃん。

私の人生50年、出会った人物の中で
最も愛する人物。

とうちゃん家のキタナイ台所での酒の席で
「萩の真ふぐ」のブランド化は始まった。

とうちゃんは御年70歳を過ぎた現在も
萩沖日本海で操業中。

真冬の日本海を、軍手2枚重ねで出漁していく。

そんな思い入れのある「萩の真ふぐ」を
このたびカタログに掲載した。

萩越ヶ浜のふぐはえ縄船が萩沖日本海で漁獲した「真ふぐ」を
同じ越ヶ浜の加工の神様「文田屋のおばさん」が
永年の試行錯誤で完成させた「粕漬」。

ふぐ粕漬け−2.jpg
▲文田屋の真ふぐ粕漬。

究極のローカルブランドのひとつと自負する。

ふぐ粕漬け−イメージ−1.jpg
▲焼き上げ。

「粕漬は苦手」という人がいる。

焼く前に、よく粕を洗い流し、ふきんで拭いて
焼いてみてほしい。

絶品。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充

追記
今回、文章を書きながら、削除した内容が多数あります。
当職を退職したら「萩の真ふぐの真実〜ブランド化の裏話〜」を自費出版します。




























 
| 2014夏プレミアムカタログ | 10:51 | comments(1) | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/06/20 3:42 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE