萩往還ヘッダ
エキチョーのブログTITLE
「幻のうに」。100本だけ確保。
 みんさん、こんにちは。エキチョーです。

萩市越ヶ浜(こしがはま)は、世界最大級の
フグはえ縄船の基地です。

昭和40年代の全盛期には、100隻を超える
大型のフグはえ縄船を有し
現在もフグはもちろん、アマダイやバイガイを漁獲し
定置網漁や地磯での素潜り漁が盛んです。

昔から魚にうるさい漁師町としても有名で
地磯の岬の先端の、わずか数メートルの違いで
西側のワカメはどうの、東側のウニはどうのと
そんな会話が日常的に行われています。

そんな魚介類の聖地、越ヶ浜に
生ける「伝説のおばさん」がいらっしゃいます。

「文田屋(ぶんだや)のおばさん」です。

文田屋は屋号で、本名は違いますが
それで通ります。

古くから手作りの加工品を生産し
その品質の高さから、地元の漁師さんを中心に
お中元やお歳暮の注文を受けていらっしゃいます。

ほとんど一人で作っていらっしゃるため
その味付けは秘伝中の秘伝。

「知る人ぞ知る」商品ですが、予約だけで完売になるため
これまで店頭で並んだことは、一回もありません。

実は、当駅で、文田屋さんの商品が
ひとつだけあります。
IMG_9175.JPG
▲文田屋。「いかの辛子あえ」。

もちろん、世界で当駅だけの店頭販売。

萩沖で漁獲されたスルメイカを
辛子明太であえた「めし友」の逸品です。

地元では、有名なローカルブランドで
当駅開業前、文田屋のおばさんに交渉しましたが
なかなか「うん」と云っていただけませんでした。

やっとの事で二つ返事をいただき
2年ほど前から販売しています。

取扱以来、当駅の大ヒット商品になり
数多くのリピーターの方もいらっしゃいます。

さて、その文田屋さんとの交渉の中で
もうひとつ、究極のローカルブランドがある事を知りました。

「粒うに」です。
うにブログイメージ.jpg

越ヶ浜は、良質なバフンウニの産地で有名です。

その越ヶ浜で、漁師さんを指名し
厳密に決めた海域だけで漁獲した
バフンウニをさらに厳選して使用し
文田屋のおばさんの秘伝の味付けで
アルコールに漬けた「粒うに」です。

「当駅で、ぜったい扱いたい」と交渉しましたが
「古くからの常連さんの予約だけで完売する」との理由で
なかなか卸していただけませんでした。

そして今季。

ついに「文田屋の粒うに」が入荷しました。
DSC_9752.JPG
▲文田屋の粒うに。

瓶詰めのうには、「粒うに」と「汐うに」があります。

「粒うに」とは、うにをアルコールで漬けたタイプ。
最も一般的なタイプですね。

一方、「汐うに」は、アルコールを使わず
うにを塩漬けしたものです。

どちらも甲乙つけがたい魅力があります。

広島から萩地域に引っ越してきて11年が経ちます。

萩には、それぞれの磯で自慢のうにが
数多くあります。

仕事柄、これまでほとんどのうにを試食してきました。

個人的に、最も美味しいと思っていたのが
見島産の「赤うに」を「汐うに」に仕立てたもの。

こちらは非売品に近い注文生産品で
一般的に入手することは難しい商品です。

その見島の赤うに匹敵する逸品が
文田屋さんの「粒うに」。

先日、文田屋のおばさんとミーティングした際
これまで盲点だったことを指摘されました。

私は、うにの加工品の品質は、うにそのものの
品質によって決定づけられると確信していました。

もちろん、それは間違いではありません。

ただ、もうひとつ。

意外と見逃していたのが「塩梅(あんばい)」です。

粒うにも汐うにも、塩を使います。

その塩加減で、大きく味が違ってきます。

塩の品質や量、ふるタイミングなどが
まさに「文田屋の秘伝」だそうです。

塩梅によって、仕上がりにも差がでます。

失敗すると、塩辛いだけでなく
食感がモソモソしたり、逆に水っぽくなったり・・・・。

たしかに!

文田屋の「粒うに」は、味も食感も
極めてまろやか。

思わず、うっとり「美味しい」と口にし
目を細めてしまいます。

そして、もう1品。
DSC_9753.JPG
▲文田屋の「汐うに」。

説明不要。

うに好きの方なら、文田屋の汐うにを食べずして
うにを語るべからず。

どちらも、今季100本限定。

粒うに 60g 2,353円
汐うに 60g 2,614円

店頭販売していますが、限定表示はあえてしていません。

「限定100本」と書きますと、すぐに完売するからです。

ブログをご覧くださっている方だけの告知です。

またひとつ。

萩の最上級品が、道の駅萩往還に加わりました。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充







| 駅長セレクション | 18:53 | comments(0) | - |
プレミアムギフトを使ったレシピを一部公開。
 みなさん、お盆をいかがお過ごしですか?エキチョーです。

道の駅萩往還オリジナル「プレミアムギフト」が
発売以降、たくさんの方からご注文をいただいています。

今回は、その商品を使った「超簡単&超美味」な
レシピを紹介します。

先ずは、定番の「マーマレード」を使ったスィーツから。

DSC_0303.JPG
▲マーマレード「クリーミー・スウィート」。

この商品を使って、簡単に出来るのがこちら。
_B5A7406.JPG
▲マーマレードヨーグルトのシャーベット。

<材料>
・マーマレード(クリーミー・スウィート)
・ヨーグルト
・はちみつ

【作り方】
1.ヨーグルトにはちみつを混ぜて、好みの甘さにする。
2.マーマレードを混ぜ合わせる。
3.型に流して、冷凍庫で凍らせて出来上がり。

え?それだけ?

そうなんです。

涼しげで、夏にぴったりでしょう?

続いては、こちら。
DSC_0247.JPG
▲マーマレード「ハードタイプ・ビター」。

_B5A7308.JPG
▲クリームチーズとマーマレードのカナッペ。

<材料>
・マーマレード(ハードタイプ・ビター)
・クラッカー
・クリームチーズ

【作り方】
1.少し塩味がきいたクラッカーにのせる。

だけ。です。

おいおい!エキチョー!真面目に凝ったレシピのせろよ!

真面目です。

今回、プロのフードコーディネーターさんに
あえて「極めてシンプルなレシピ」をお願いし
複数提案していただいた中から、あえてこれをチョイスしました。

とはいっても、それだけじゃあ、物足りないと思いますので
ストロベリーシリーズ3種を使ったスィーツがこちら。

_B5A7443.JPG
▲いちごのレアチーズケーキ。

_B5A7318.JPG
▲いちごミルクプリン。

この2種の幸せスイーツのレシピは
ギフトセットの栞に載せています。

お買い求めいただいたお客様だけが知ることのできる
マル秘レシピ。

なんだか、もったいぶっているようですが
それは今だけ。

来月、当駅HPの通販サイトを立ち上げた際に
皆様に公表いたします。

もちろん「超簡単&超美味」です。

お家カフェで、ゆっくりくつろぎながら
幸せなひとときをお過ごしください。

※プレミアムギフトは、限定数量となっております。
売り切れの際は、ご容赦ください。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充
| 駅長セレクション | 13:03 | comments(3) | - |
心底驚いたトウモロコシ。
 みんさん、こんにちは。エキチョーです。

この歳になってもびっくりすることがあります。

そもそも、話の発端は、約2か月前。

知り合いの農業関係者の方が当駅におみえになり
「生食できる白いトウモロコシを地元生産者が作っている。」
と、おっしゃる。

最初、ピンときませんでしたが
よく考えてみると「生食?」。

茹でたり焼いたりなど、一切加熱せず、そのまま。

近年、北海道を中心に「幻の白いトウモロコシ」が人気です。

品種は「ピュアホワイト」や「ホワイトレディー」など。

果物のような甘さが特徴で、「生食」するトウモロコシです。

栽培が難しいことや、収穫時期が短く、人気で品薄なことから
「幻」ということだそうです。

インターネットでは、わりとフツーに売ってますが・・・・。

さて、話は戻って、その農業関係者の方いわく
「7月下旬から収穫に入る。道の駅萩往還で、全量売ってほしい。」

未だ試食していませんでしたが、即答OK。

そしてついに、本日入荷しました。
雪味甘トリミング.jpg
▲本日、事務所で撮影。

品種は「雪味甘(ゆきみかん)ちゃん」という最新型で
千歳空港で500円/本くらいで売られているそうです。

生産者は、阿武萩地域の福賀(ふくが)というところ。

スイカの栽培が盛んな地域で、土壌にミネラルを多く含ませる
「ミネラルスイカ」が有名です。(もちろん当駅にもあります)

そのミネラル栽培の技術を応用して
この「雪味甘ちゃん」の栽培に成功されました。

DSC_9496.JPG
▲美しい乳白色の粒。

試食して、驚きました。

はじけるような瑞々しい食感。

これまで味わったことのないような
ミルキーで清々しい甘さ。

一発で虜になりました。

さっそく当駅の糖度計で計ってみると
なんと、糖度18度。

だいたいスイカで糖度11度前後。
メロンで15度程度です。

糖度18度といいますと、果物でもトップクラス。

熟した桃が、18度前後です。

さらに、生産者の方が、さっと茹でた「雪味甘ちゃん」を
準備してくださいました。

加熱すると、味も食感もまろやか。

まるで上質なクリームでできたスウィーツのよう。

茹でるときは、塩など何も入れず
沸騰したお湯で、さっと火を通す程度が良いそうです。

生と加熱。どちらも良いですが
おすすめは、圧倒的に「生」。

お値段は、中280円/本。大350円/本。
(※時季によって変動します)

収穫は、8月中旬〜下旬まで。
1月あるかないかです。

冷蔵庫で冷やして、そのままお召し上がりください。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充

※最近、萩市内で、あきらかに当駅のシンボルマークや
農産物取引などのアイディアを真似する方がいらっしゃいます。

「自分」のアタマで考え、「自分」の体で行動し
お客様により良いサービスを提供しましょう。





| 駅長セレクション | 14:51 | comments(2) | - |
鬼揚子の誕生日。
 みなさん、こんにちは。

2013年4月13日。快晴。

見島へ渡ってきました。

目的は、約1年かけて取り組んできた当駅オリジナルの
鬼揚子(おにようず)キットの製作ビデオ収録。

プロカメラマン2名×カメラ2台の本格的な撮影です。

先ずは、キットのパーツを紹介します。

キットは、本物の鬼揚子と全く同じ2種の和紙を使用しますが
こちらはその印刷原版のPDFですので、若干色が違います。

キット顔.jpg
▲本体。

実物は、番傘用の和紙を使用しますので
白の部分が、美しい亜麻色になります。

兵古.jpg
▲兵古/尾のパーツ。

兵古(へこ)は左右1対で2枚付属します。

耳涙赤.jpg
▲耳・涙パーツ(赤)

耳涙白.jpg
▲耳・涙パーツ(白)

このパーツは、カッターで切り離します。

補強パーツ.jpg
▲補強パーツ。

これらに、多田源水さんご本人が
見島の山で伐採した笹竹を加工した竹ひごが3種5本。

結束用のひも。

設計図・製作DVDが付属します。

パッケージは四角い箱に鬼揚子をプリントしたもの。

さて、これらのキットのプロト品を使って
見島の多田源水さんのご自宅で制作DVDを収録しました。
DSCN4080.JPG
▲多田源水さん。

カットした耳のパーツを糊付けする作業。

DSCN4074.JPG
▲最新型のカメラ2台体制で収録。

DSCN4087.JPG
▲出来上がってきた。

出来上がるにしたがって、最初「物」だった各パーツが
まるで「生き物」のように変わっていきます。

ご自宅で製作シーンを終え、多田さんの棚田に移動し
多田さんからみなさんへのメッセージを収録しました。
DSCN4108.JPG
▲本番中の多田さん。

DSCN4100.JPG
▲棚田。見島本村の集落。そして日本海。

多田さん曰く、「この棚田は、私が創った芸術品(笑)」。

私が見島で最も好きな風景です。

DSCN4133.JPG
▲完成したキット第1号と、多田さん。

出来栄えに、とても満足していただきました。

「まるで、新しい命が産まれたよう。」

私と、多田さんと、カメラスタッフのスケジュールが
やっと合ったのが偶然4月13日。

ちょうど1年前に亡くした母の命日です。

神様の贈り物。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充
| 駅長セレクション | 11:50 | comments(1) | - |
最高品質「椿オイル」と「椿せっけん」。
 みなさん、こんにちは。エキチョーです。

先日、テレビで熱海の町おこしの取り組みを視ました。

熱海といえば、かつて温泉リゾート地として
大都市圏から大勢の観光客で賑わった町です。

しかし、現在では客数が激減してしまい
建設中の大型宿泊施設も放置されたままといった状況です。

なんとか復活の糸口をと、地元商店が目をつけたのが
「椿油を食用として売り出す」ことです。

「椿油」は、日本では昔から髪や刃物につけるものと
相場が決まっていました。

しかし、江戸時代の文献をひもとくと
椿油で揚げた「天婦羅」は、「金婦羅」と称され
最高級料理のひとつだったそうです。

番組では、椿油100%や、混合した油などで天婦羅を揚げ
「どの配合が一番美味しく感じるか」をテスト。

結果は、椿油20%+キャノーラ油80%の混合が
ベストであるという結論でした。

さて、前置きが長くなりましたが
その番組で、一瞬だけ映った「萩産」のものがありました。

見逃しませんでした。

それは、椿油を搾る「搾油機」。

非加熱で、高精度に上質な椿油を搾る精密機械。
萩の「サン精機」さんの搾油機です。

価格の安い椿油は、原料が中国のサザンカ種の
「ユチャ油」だったり、原料の椿の実をあまり選別せず
傷んだ実が混在したままで、加熱して油を搾ったりと
それなりにコストがかからない製品です。

一方、国産の椿の実を、徹底的に選別し
非加熱で高精度にゆっくり搾った油は、最高級の椿油。

淡く美しいかすかな琥珀色を呈し、手に置いてもサラサラとします。
椿油独特の匂いも、ほとんど感じません。

「モノが違います。」

その、萩の「サン精機」さんが開発したのが
「萩椿オイル」と「椿の真実」という、2種の純粋椿油です。
椿オイルイメージ.JPG
▲「萩椿オイル」と、「椿の真実」。

椿油本来の成分を、できるだけ損なわないように
とにかくこだわりにこだわった製品です。

2種の違いは、「萩産椿→(萩椿オイル)」と「国産椿→(椿の真実)」だけ。

原料の、椿の産地が違うだけで、製法・品質はほぼ同等です。

スプレー式ボトルに入っていますが、もちろん食用OK。

そして、その姉妹品ともいえる石鹸もあります。
椿せっけんイメージ.JPG
▲椿せっけん「春椿」。

こちらは椿オイルとは、全く別の施設で製造されています。

萩のNPO「香生(かおい)の里」という障害者の方々が働く施設です。
障害者の方々がパッケージをかけていらっしゃいます。

ただ、椿オイルと姉妹品としたのは、次の理由があるからです。

この石鹸、原料の50%以上を占める全ての椿油が
なんと上の「サン精機」さんの椿油!!!

さらに、「サン精機」さんの「萩椿オイル」の原料の椿の実を
「香生の里」のみなさんが、集めていらっしゃいます。

整理しますと、「香生の里」さんが集めた椿の実を
「サン精機」さんが、椿オイルにする。

その「サン精機」さんの椿オイルを、「香生の里」さんが石鹸にする。

それを、道の駅萩往還が、販売する。

「椿の真実」  45g  2,625円
「萩椿オイル」 45g 3,675円
「春椿(椿せっけん)」 約85g 1,800円

Made in HAGIの最上級品のひとつ。

「高いけれど、良い物」です。

道の駅 萩往還
駅長 篠原 充


| 駅長セレクション | 17:41 | comments(0) | - |
あらためまして。萩ガラス。
 みなさん、連休をいかがお過ごしですか?エキチョーです。

私が今から約11年前、萩に引っ越してきて
初めて知った「萩ガラス」。

一発で気に入り、花入れや酒器など、多数持っています。

萩ガラスは、「どっかのオッサンが、萩でガラスを売っている。」
と、ゆーよーな安易な代物ではありません。

江戸時代、中嶋治平という科学者が
酒器や医療用のガラスを萩で製造した記録文献を基に
復刻したという、「意味」のあるガラスです。

しかも、中嶋治平が志半ばで他界したため成しえなかった
「丈夫で高品質なガラス」の製造を、現代の科学技術をもってして
その志を継いだという「物語」のある工芸品です。

高杉晋作も愛用した萩ガラス。

その萩ガラスの「物語」と、品質の高さをアーカイブした番組が
広島のTV局:TSSで制作され、週末放送されました。

番組内のインタビューで、萩ガラス藤田社長が
「製品は、萩の入り口の道の駅(当駅)と、ガラス工房でしか買えない」と
バッチリ発言してくださったおかげで、当駅も大繁盛しています。

本日、お礼のご挨拶も兼ねて、萩市笠山にある
萩ガラス工房の藤田社長を訪ねました。
(もちろん、前から良く知っていますよ。)

DSC_2838.JPG
▲有名な観光地。笠山明神池。

ここを過ぎてすぐ、萩ガラス工房があります。

▲萩ガラス工房外観。


▲ガラス中吹きをシンボルにした看板。

DSC_2884.JPG
▲ギャラリー内観。

写真では外して撮影しましたが、お客様でいっぱいでした。

DSC_2901.JPG
▲作業中の藤田洪太郎社長。

元、大手セラミック会社勤務のご経歴があり
現在も、「あの機械の、あの部品(企業秘密)」の製造など
グローバルな技術者としての別会社も経営されています。

TVでも紹介されましたが、通常のガラス製品はソーダガラス。
炉の温度は、1,200〜1,250℃。

それに対し、萩ガラスは、1,500℃の高温まで熱して作る
たいへん強度の高いカリガラス。

加工時間が約30秒と、極端に短いため
ベテラン職人でも、苦労されるそうです。
DSC_2897.JPG
▲1,500℃の炉心。

また、独特の翠色(みどりいろ)の色は
萩ガラス工房がある、笠山の玄武岩を原料にすることによって
発色する「自然の色」。

この翠は、木々の緑のような美しい色で
私も酒器を10年以上使っていますが、全く飽きません。

DSC_2866.JPG
▲萩の翠。

写真の2客は、萩ガラスの最高級切子。

1客100万円です。

写真を撮りながら、とても気に入りました。

値切るのも失礼かと思い
「社長、これ、タダでちょーだい!」と、懐に仕舞いましたが
サスガに戻しておきました。

今回のTV番組で、最も良かった点は
萩ガラスのクオリティの高さを、しっかり伝えていただいた事。

1客1,000円(箸置きで500円)〜上は100万円。

だいたい2,000〜3,000円あたりが中心です。

これまで、地元萩でも、一部の方から
「萩ガラスは高い」という声を聴いたことがありますが
それは、ハッキリ云いますが、間違いです。

「安物」との違いを、ぜんぜんご存じない方の嫉妬。

「物の品質に、見合った値段」として考えると
萩ガラスは、「高級ガラス」として正当な値段。

物作りがライフワークの藤田社長は
世界のどこにもない、優れたガラス・セラミック製品をつくることが大好き。

「儲け」にはあまり感心が無い様子。

だから、良い物ができるのでしょうか。

現在、世界の市場から注目を集め始めた萩ガラス。

当駅で扱える事自体が、「萩往還プライド」のひとつです。




| 駅長セレクション | 17:10 | comments(1) | - |
新発売。プレミアム「ラ・フランスジャム」。
 みなさん、こんにちは。エキチョーです。

この秋、当駅農産物直売所で販売した
原川農園さんの秋芳梨(二十世紀梨)。
原川正方形縮小.JPG
▲原川さん。

化学肥料を一切使わず、穀類などの自然肥料だけで
作り上げた土の農園で栽培されています。

その原川さんの「ラ・フランス」を使ったジャムを
先日から物産館で販売しています。
DSC_0429.JPG
▲新製品「ラ・フランス」ジャム。

今年からシリーズ化している当駅オリジナルの
プレミアムジャム。

マーマレード(ビター)、マーマレード(スウィート)などと同様に
加工歴50年のベテラン職人さんに仕上げていただきました。

ラ・フランス独特のクリーミーな食感や
まるでハチミツを入れたかのようなコクのある甘さ。
柔らかな甘い香りを楽しんでいただけます。

ラ・フランスジャム。580円(150g)

絶賛発売中。

「プレミアム」にふさわしい、名品です。
| 駅長セレクション | 16:03 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE